キラキラ☆女子にはなれない

よくいるおっさん系迷走アラサー女のブログ

独断と偏見によるマッチングサービスの脈あり脈なしの話

 

 

暇つぶしに色恋コラムを探して
Googleを巡っていた時、検索候補に


マッチングアプリ 脈なし」
「○○(某マッチングサービス名) 脈なし」


と表示されてきた。


脈あり脈なしについてのワードで
検索した時、マッチングサービスに
ついての予測検索候補が表示される
ようになったとは、あの手のサービスも
ずいぶんとメジャーになったというか
市民権を得たんですねぇ。


しかもサービス内で繋がった相手との
脈の有無についてのワード。


個人的にはマッチングサービスを
利用していようが他の場所で出会った
相手であろうが、脈の有無の感じ取り
方は大差ないようにも思うけど。

知り合い方が直接的でないってだけで。


私は過去にあの手のサービスを利用した
ことが2回あって
(どちらもすぐ飽きて辞めた)、
3回? くらい直接会ったこともあるし、

「この人素敵だなあ」と思って運よく
マッチング成功したはいいものの
早々に返事が返ってこなくなって
プチ失恋(笑)みたいな経験をしたことも
あるから
まあマッチングサービスで体験できる
一般的なあれこれは一通りやった。


「あぁこの人は出会いをモノにできない
 タイプの人だなあ」

って印象の相手もいたし、

「環境的に本当に出会いがないだけで
 そういう場へ行けばそこそこ
 モテるタイプだろうなあ」

とか、

「マッチングサービス利用してるけど
 こいつ絶対彼女なり嫁なりいるだろ」

って女の第六感が働く人もいた。


幸いにもマルチや宗教の勧誘には
引っかからなかったのでそれは
助かったけど。

 


さて、本題のマッチングサービスで
知り合った相手の脈あり脈なしの
判断について。


基本的にあの手のサービスを利用して
いる人ってのは異性との出会いを求めて
いるという前提に基づいて書く。
当人がフリーなのかパートナーがいるかの
判別はまた別だけどね。


出会いだけは無駄に多い私が過去の
経験から「こういうパターンは脈〇〇だな」
と判断するポイント。


脈ありの場合

・メッセージのやり取りが途切れず続く

・質問と回答が大体半々くらい

・直接会うことの打診がある、
 会いましょうと誘ってOKが出る


脈なしの場合

・メッセージがこちらが送って止まる
 (相手から返信が無くなる)

・こちらへ対しての質問がない、
 会話のキャッチボールが噛み合わない

・会おうと誘われない、誘ってもNG

 


例えば合コンや婚活パーティで出会った
相手とは1度連絡のやり取りが途絶えても
時間をおいて様子を窺えば案外普通に
またやり取りができる場合もあるんだけど、

マッチングサービスで知り合った相手と
いうのはメッセージのやり取りでしか
相手とのつながりがないので、
メッセージのやり取りが止まった時点で
まず「脈なし」なんだよね。

マッチングサービスでやり取りが途絶えた
相手から再度メッセージが来たことない。
来てもプラスになる内容ではない。

恐らく相手が気に入っていた異性とは
上手くいかなかったから、優先順位が
低かったこちらに「しょうがなく」
焦点を当てているだけ、とか。


なので話題を振り絞ってこまめに質問を
織り交ぜつつ会話を続ける必要が出てくる。


イコール質問が来るという時点で
「あなたのことを知りたい」
「あなたと親しくなりたい」という
意思表示と考えて間違いはない。

「好みが合いそうだな」
「性格良さそうだな」
みたく好印象は持たれているので
相手のことをより知りたくなるのです。

また、相手の好みを複数知ることによって
より「会いませんか?」と誘いやすくも
なる。

これはマッチングサービス関係なく
そうだよね。


で、メッセージの段階で好感を持った相手と
対面してさらに相手のことを知ってみたい
から「直接会いませんか?」とお誘いに
繋がる。


私がマッチングサービスを利用していた
時に感じたんだけど
まあ私は女性なので男性の人としか
やり取りできないルールだけど、

会話のキャッチボールがめちゃくちゃ
下手くそな人すごい多かったんだよね。


2回目に利用した時は大体1ヶ月ほどの
期間で150人ほどの異性からイイネを
頂き、その中から30人くらいと
マッチングさせてもらいましたが


・いいねを返して「ありがとう~」
 メッセージを送っても無反応

・マッチングして即「LINE教えて^^」
 「いつ会う?^^」と来て返事を
 返さないままブロック(うざいから)


というのが20人ほど。
残りの10人程と一応ちゃんとメッセージの
やり取りができたけど
会話の内容がお粗末でフェードアウト
したのがその内の3人くらい。

あと2人は会話の内容は普通だったけど
単純に価値観が合わない相手だったので
ごめんなさいした。


そしてタイミングが合って直接お会いした
のがその時は2人か。

その2人と会ってすぐ、単純にマッチングの
やり取りに飽きて退会したから、
残り3人とはお会いしませんでした。


狭き門? なのかな?
地方でこのくらいならまあぼちの割合だと
思うけど。


なので、私の場合は2週間~1ヶ月ほど
やり取りが続いてかつ価値観が合わないと
感じた相手を抜かせばちゃんとした相手に
会えてはいた。

人によっては1週間くらいのやり取りで
会うことを決める人もいれば1ヶ月以上
じっくりメッセージを交わしてから
お誘いしたりされたりってひともいる。

平均2週間くらいになるのかな。

なので10日~2週間ほどちゃんと
やり取りができればほぼほぼ脈ありと
考えていいと思います。

大体の人はそのくらいの期間で
「会いませんか?」って誘いをかけて
きてくれたし。

こちらもちゃんと会話ができてなおかつ
性格や価値観の判断ができた相手に
誘われたらまあ断らないですよ。
よほど趣味に合わない催しに誘われたり
しなければ。


…ので、会う約束が取り付けられたら
脈あり度50%くらいかな。
キャンセル食らう可能性もあるから
それだけで安心するのは時期尚早だが。

 


さて、LINEの交換について。

個人的にはLINE交換できたから脈あり度
高いとか、教えてもらえなかったから
脈なしとは判断できない気がする。


私は会う約束をした段階でこちらから
「LINE交換しませんか?」って割と
もちかけてしまうほうだったけど

(待ち合わせする時にいちいちサイトや
 アプリ立ち上げてやり取りするのが
 面倒くさかったから)


「LINEはまだちょっと…」

ってリアクションする男性もいたし、
もちろん会う約束をする前からLINE交換
誘ってくる人もいたし(基本は受けた)、

直接会ってもLINE交換しなかった人もいた。

しかも会った3人中2人。


それでも相手からの誘いで2回目に
会った人もいたから
LINE交換=脈あり度高いってことはない
と思う。


過去にマッチングサービス解説ブログ
(男性が書いていた)で読んだけど


「メッセージのやり取りをしている最中
 LINE交換へ進んでしまうと、
 移行する際に1度やり取りが途絶えて
 しまい、再度相手の気持ちを盛り上げる
 ことが大変になるので
 無理にLINE交換して移行する必要は無い」


と書かれていて「たしかに~!」
と思った。


マッチングサービス内のメッセージで
会話が良い感じでも、LINEへ移ると

「改めてマッチングサービスの
 〇〇で~す」っていう挨拶を挟む
必要が出てくるから
一旦会話の盛り上がりが落ち着いて
トーンダウンしちゃうんだよね。

それを盛り返すのは確かに手間。


なのでLINE交換するなら直接会った時に
しておいて、
「今日はありがとうございました☆」
ってやり取りから再開するのが一番
無難なのかもしれない。

 


さて、マッチングサービスを利用して
異性と知り合うにあたって
「地雷率」が低い相手の見分け方。
これは私が見た中での独断には
なるんだけど、的中率はそんなに
悪くないと思う。
女性側が男性参加者を見た時の判定ね。

 


①顔写真を掲載している
 (面立ちがはっきり分かるものなら
  なお可)

②一般的に見て「かなりイケメン」
 ではない

③プロフィールを詳細に記載している

④「年収」が並、もしくは高給取りな
 職業ではない

 


まず①。

まあ顔が分かる相手と分からない相手
だったら間違いなく分かるほうが
安心感がある。
写真も掲載してないしプロフも書いてない
相手はただの「エラー表示」と変わらない。

で、写真加工アプリを使ってはっきり
顔がわからない状態になっていたり
大人数で写ってるものを載せてどいつが
本人なんだか判別がつきにくいような
相手は避ける。

こういうことする人って大体自分に
自信がないから表立って自身を見せようと
しないんだよね。

で、加工している・本人がどれか
分からないような写真を使う人は
自信がないのに自己愛が強かったり
保身に走る傾向が強い。

変なプライドがあるとでも言うのかね。

堂々と自分の写真を載せて
「うわブサイク(笑)」みたいな望まない
反応を受けたくないのよ。

でも「ありのままの自分」を受け入れて
ほしいという相反する心理を抱えている
から、自分が写った写真は載せるけど
特定されないようなものをあえて選ぶ。


ということを考えると人として結構
面倒くさい(けどこういう人多い)
と思うから除外。


あと「堂々と顔出しできない理由」が
あるのかもしれない。

知人にバレたくないとかパートナーに
バレたくないとかね。


あと「親しくなったら顔写真送る」
って人そういや割といたな。

こういう人は単純に自分の容姿に
自信がないから、内面を知ってもらって
から容姿を見て欲しいんだろうけど


やり取りした感じも送ってもらった
顔写真も大したことなかったよ。


別にブサイクではなかったけど、
隠されると人間暴きたくなるもんだし
想像図は元々より確実にかなーり
上方修正されるから、

「こんなもんか…」って正直なる。

マスクしてる女子が可愛く見えるのと
同じ効果だよね。

 


次に②について。

そこら辺で出会ったとしたら目を引く
ようなイケメンの写真とか、
職業が美容関係でもないのに異様に
オシャレだったり雰囲気イケメンだったり
ってプロフ写真をたまに見かける。

東名阪の中心地なんかであればまあ
あり得なくはないのかもしれないが
地方・せいぜい地方都市に住んでる
人だったらこれは間違いないけど


確実にそれ他人の写真だよ。

拾い画ってやつか。


女性は化粧なり髪型で
「可愛いはそれなりに作れる」から
外見の印象って大体そこそこはよい
ものだけど、
男性はそうもいかないことが多いので
容姿面では結構大変だと思う。
プロフ写真を見てNG出されたら
取り付く島もないからね。


だから「いいね」数稼ぎなのか
高スペック狙いの女をひたすら馬鹿に
したいのか意図は分からないけど

あまり真面目にマッチングサービスを
利用しているとも思えないから
そういう写真を使っている相手は
避けたほうがいい。


もし掲載してるイケメンの写真が
本人だったとしても、
目を引くような魅力的な外見の
男性だったらそれこそ入れ食い状態が
可能なわけで、わざわざ月額費かけて
マッチングサービスを利用する必要が
ないと思うのよ。

男性があの手のサービス利用するの
月額2~3千円かかるはず。


内面によほど問題があったりとか、
近場の女をほぼほぼ食い尽くしたような
ヤリ●ンでなければ
逆ナンされたり友達の紹介だったり
出会いの場は腐るほどあるわけで。


ということで真面目にパートナーを
探したいのなら避けたほうがよさげ。

 


続いて③。

プロフィールをつらつらと書いている
から地雷じゃないかって聞かれたら
そうでもないんだけど、
趣味・仕事・休みの過ごし方などの
基本的な自身のプロフィールを
ちゃんと記載している人のほうが

プロフ閲覧している異性にアピールを
したいわけで
なぜアピールするかって言うと
パートナーがほしいからで、

ということを鑑みるとそれだけ
パートナー探しに真剣に取り組んで
いる確率が高い。


探せばこのプロフに掲載する用の
テンプレ文例みたいなのもあるから
丸々それ使っているような人もいる
けど、
ろくな情報を書いていない人よりは
優先度高いよね。

 


1.自分でしっかり自己紹介文を書いてる

2.テンプレ使用でしっかり書いてる

3.テンプレ丸コピ

4.自分で自己紹介文書いてるけど
  ややおざなりな出来、内容が薄い

5.ろくな内容を書いていない

6.未記入


1~3くらいまでは体感でちゃんとした
人がいる。
4以下だと地雷率高めな気がする。

地雷率というか会話が成り立たないとか
マッチング後すぐ「LINE交換しよ」とか
「すぐ会おう」みたいなメッセージを
送ってくるやつが多かった。


最後に④「高給取りじゃない」。

あの手のマッチングサービスには
自身の年収をざっくりと選択する欄が
あって(表示非表示は選べるけど)
大概の人は居住エリアのまあ平均値を
掲示してるんだよね。

首都圏だと「CEO」「コンサル」
「多角経営」とかを職業として年収
1千万以上を選択していたりとか
もちろんあり得るし実際そういう人
ゴロゴロと存在するんだろうけど

そういうハイスペックな人が果たして
有象無象ひしめくマッチングサービス
利用するかな?

という疑問は②のイケメン写真を使って
いる人とも同じなんだけど。

六本木とか俗にいう港区エリアとか
高給取りな男性はそういうエリアへ
行けば美人だったり可愛くて若い
魅力的な女性と出会える機会も多い
わけで、

「選べる」立場にいる人がわざわざ
得体の知れない異性と出会いたくて
マッチングサービス使うのかな?


と思っちゃうから、個人的には
そういうプロフの人は地雷というか
信じてない。


でもやっぱりたまにいるんだよね。

「職業:医者」「年収:1千万以上」

みたいなプロフの人。

まあ開業医だったら地方でもあり得なく
ないけども。


でもそういう高収入男性はイケメンじゃ
なくても女性から「いいね」を
めちゃくちゃもらってる。

そういうの見ると男性が嘘プロフ書いて
アホ女性を釣って「( ´,_ゝ`)プッ」
ってしたい気持ちもわかる。

 

 

…と、ここまでつらつらと独断と
偏見で書いてきたけど、
結構当たると思うよ。

というかね、この地雷っぽいのを
除いてプロフを作成すると、かなり
普通ーの内容になるんだよね。

本当にネットに出ているプロフの
作成方法テンプレ通りのような
無難っちゃ無難な感じになりがち
なんだけど、

「人に見られることを意識して
 プロフィール文を書くことができる」

っていうこととイコールになるのよ。

なので最低限周囲へ配慮ができる
いい意味で「普通の人」が多くなる。

なので地雷率が下がる。


全部が全部ではないけど、特に女性が
利用するんだったら変なやつに
ウザ絡みされる可能性は低いほうが
いい。

なので婚活恋活の勝率を上げるなら
「普通の人」を積極的に狙って
いくべし。

 


あ、あと今回マッチングしてから
実際に会うまでの流れで判断できる
脈あり脈なしの話をしたけど、


1回目に会って以降次に繋がらなかった
っていうのは含んでないからあしからず。


ほんとにマッチングサービスに限らず
2人で会って「なんか違う」と
どっちかが感じてしまって
フェードアウトすることは珍しいこと
じゃないからね。

私もそんなん数えきれないほど
経験したわい。

 

 

 

参加しています。

よろしければご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村