キラキラ☆女子にはなれない

よくいるおっさん系迷走アラサー女のブログ

炎上必至のあれこれ

にほんブログ村
参加しています。
よろしければご協力ください。





この前自分の母親と喋っていて、
私の長い付き合いの同性の友人が
年齢を重ねるごとに頭が悪くなっていって
困っているという話を振ってみた。


母親「友達ってAちゃん(仮)でしょ?」

私 「そう、自称サバサバ系の」

母親「自称サバサバ系って女は100%
腹の中真っ黒でサバサバもしてないし
中身は腐りきった陰湿な女だよ」

私 「自称サバサバ系女になんの恨みがあるか
聞きたいけどその意見には同意するわ」

母親「Aちゃんがどうしたの」

私 「25歳を過ぎた頃から頭が悪くなってって
自分の気に入らない意見は聞き入れないし
言ってることとやってることが支離滅裂で
他人を思いやった言動が取れなくなってきた」

母親「最悪じゃん何それ」

私 「元々男癖も悪いし」

母親「サバサバを気取る奴は大体男にチヤホヤ
されたいタイプだけど、Aちゃんは
女性に対してはどうなの」

私 「多分普通だけど、自分の仲良しな
男友達や彼氏みたいな人の周りに
いる同性に対しては『ブス』だの
性格クソだのって陰で言ってる」

母親「それ普通じゃない相当陰湿」




ということで、
サバサバ系女と見られがちな私と私の母親の
女らしい陰湿な会話から初めてみました。

いまネットで
「サバサバ 陰湿」と検索してみたら


「女性でサバサバした性格をアピールする人は
 だいたい自意識過剰で陰湿で嫉妬深くて
 女の悪いところだけを残して男性のような
 ガサツで無神経な性格を取り入れた
 たちの悪い生き物だと思ってます。」


という歯に衣着せぬご意見が引っかかってきて
「おおぅ…」ってなった。

いいとこひとつもないね!
自称サバサバ系女子はこのご意見を取り入れて
そろそろ現実を見ようね!


むしろね、サバサバ系を自称したり、
サバサバ系女子がカッコいい! って風潮は
正直理解できないんだよなー。

おっとりしてて天然ぽくてほわーんとした
雰囲気の丸みのある女性のほうがよほど
魅力的で「女」として正しいと思うんだけど。

女性でありながら男性的に振る舞うことで
女性にとってどんなメリットがあるの?



※ これを書いてる人はLGBTに理解を
示していますが、思想的には割と昭和な
「男は(女は)こうあるべし」という
タイプなので、不快な書き方してたら
申し訳ないです


そのおっとりしてて天然ぽくてほわーんとした
女子たちが「自己主張」を苦手としたので
発言が強気なサバサバ系女子カッコイイ!
みたいな感じになったんですかね。

まあ化粧とか写真加工技術の発達した現代に
おいて、本当にほわーんとした可愛い「女子」
が減って「かわい子ぶったブス」が増えて
きてるのもしれませんけど。

その手の量産型が増えてしまったせいで
「サバサバ」「サブカル」「おバカ」みたいな
ちょっと個性的なアタシ☆彡的キャラ付けが
出てきているのかもしれない。


ああいうキャラ付けは魅力的な外見の
人間が集まる芸能界で埋もれないよう
努力をしている人たちが目立つために
行うことであって、一般ピーポーがする
必要性はあんまり感じないんだけど、

って打ってて考えたけど、むしろ芸能人の
ような容姿に優れた人間よりも
世の中にはブスとブサイクのほうが圧倒的
大多数なんだから、ブスとブサイクの中で
埋もれてしまわないように、他人から
いい意味で目に留めてもらえるように
「キャラ付け」を行っているといったほうが
正しいのかもしれないな…


自分はブスということは自覚した上で
ブスとブサイクを煽っていくスタイル。
何様。



こんな陰湿な発言をブログで書き散らかす
女がサバサバしているわけないのにな。

私が他人を「ブス」とこき下ろすことを
毎回大笑いしながら喜ぶ私の母親が
サバサバ女なわけないのになHAHAHA


そんなんでも人生楽しいです。
人には言えないけど。




そういえば去年に人から誘われて
某男性アイドルグループのコンサートへ
行ってきました。
東京ドームという5万人を収容する
大きな会場へ行って、そのグループの
コンサートへ参加するファンの女性たちを
観察してきた。

5万人の参加者がいるんだから、
当日間違いなく1,000人は女性たちを見た
ということになるんだけど、



「あ、あの子可愛いなあ」と思える女性が
1人しかいなかった。



残りの99.9%は漏れなくブスだったということだ。



小綺麗で清潔感のあるなりをしているのは
当然なんだけど、でもブス。

中には「今までどうやって生きてきたの?」
と問いかけたくなるレベルのつわもの
(衛生面的な意味で)も存在した。


「世の中のブスを全て集めたかのようだった」
と後日感想を述べたら、
母親が腹を抱えて笑い転げていた。



さすがに炎上したくないのでそのアイドルが
誰かとは申し上げられませんけれどもネ。




自称サバサバ系女をこき下ろすつもりが
ただのブスへの悪口になってしまったの巻。