キラキラ☆女子にはなれない

よくいるおっさん系迷走アラサー女のブログ

四方山その2

にほんブログ村
参加しています。
よろしければご協力ください。





とりとめのない四方山集。




最近twitterかなんかで

「ネット検索があてにならなく
 なってきたから、結局紙の
 媒体で調べるのが一番確実」

みたいなつぶやきのまとめを
読んだ。

ネットの情報が本当に正しいのか?
っていう判断をするために、
自身も知識と経験がいると。

確かにねー。
アクセス数稼ぎにメタタグや
検索ワード仕込みまくってる
無能なサイトをよく見るから

「本当に必要な情報が
 すぐ手に入らない!」

って感じるのは確かに増えたな。


いかにもプロの情報です! って
書いてるサイトに上っ面の
情報しかないくせに、検索で
引っかかった個人で書いてる
ブログ記事の中にめっちゃ
有益な情報があった! とか。

そういう宝探し感覚は嫌いじゃ
ないからいいんだけど、
急いでる時にそれだと困る。


ネット検索もそうだけど、
今はなんでも必要な時に
必要なものが手に入るよう
何事も整備されているから

待つことが苦手な人が
増えたような気がする。

求めれば与えられるから
与えられないことが我慢できない。

年代問わず。


でも身近な人を見ている
分には、20代そこそこの若者は
割となんでものんびりしてるけど

50代60代の人たちのほうが
せっかち比率が高い。


ちなみに私老人が嫌いです。
60代70代、いわゆる団塊世代

尊敬できるな、すごいな、という
人に出会ったことがない。
接客業してるとなおさらそう思う。

単純に現在その辺の世代の人が
多くて目につきやすいというのも
あるだろうけど、
人としてひどいのが多い。

80代とか戦争経験世代になって
くるとまた違うのかもしれんが
出会う母体が少なくて分からん。


悪い歳の取りかたはしたくないね。



マナーやモラルの話で思い出した。

私の勤務先の会社にもひとり
いるんだけど、
絶対に「ごめんなさい」を
言わない人がいる。

前に勤めてた人もひとり
そうだったし、高校の時の
友人も謝れない人だった。
全員年代もバラバラな
男性なんだけど。


あれなんでだろうね?
同僚とかならまだいいとして
上司やお客さんに対しても
頑なに謝らない人。

客観的に見て
「どう見てもあんたが悪いだろ」
ってことに対しても
せいぜい「失礼しました」で
済ますか逃げる。

「ごめんなさい」
「申し訳ない」

一言で済むじゃない。
と思っちゃうんだけど。

男性ならではのプライド?
謝罪したら自分の中の何かが
破壊でもされんのかね?
「謝罪したら死ぬ病」なの?
「謝罪する毎に頭髪が1本抜ける病」
とかなら気の毒だとは思うけど。


私も以前自社に私物をメンテに
出したあと、戻ってきたら
ある箇所が壊れてたことが
あってさ。

メンテに出す前は異常がなかった
部分だし、自費で修理すると結構
高額になるものだったから
上長と話して会社負担にて修理を
してもらったことがあったけど、

メンテ実行者のAさんは
「覚えがない、自分じゃない」と
非を認めなかったけど、

メンテ責任者のBさん
(実際はモノに触れてもいない)は
「嫌な思いをさせてしまってごめん」
と謝ってくれた。

Bさんは元々責任感が強くて真面目な
人だったし、触れてもいないのに
責任者だったからと謝罪してくれて
その気持ちが非常に嬉しかったので

「Bさんが悪いわけじゃないですよ!
 直ったから気にしないでください!」

と返したけど
(実際にちゃんと修理は無償で
 してもらったし)

実際の犯人であろうAさんは
しらを切るばかりで何も言って
こなかったし、
「壊してごめん」じゃなくても
Bさんのように
「嫌な思いをさせてごめん」と
言ってくれればいいのに…

対人関係を悪くさせてまで謝罪を
したくない理由はわからないけど、
そういう人間にはなりたくない、
とは思う。



もうひとつ理解できない話。

よく言うじゃん、
「高学歴のバカ」。
対義語は「賢い低学歴」。

仕事で色んな業種の人と取引を
するので、現場職や営業職や
事務担当問わず応対する機会が
あるけど、
とある大手有名企業の営業さんは
ほぼ全員なんだけど、人間偏差値が
非常に低いというか勉強しか
してこなかったような人というか、
勉強のできる脳の障害か何かですか?
と聞きたくなるほど会話の
コミュニケーションができない人で、
接するのに結構苦労する。


具体的に言うと、MRと呼ばれる
製薬会社の営業マンな。

聞いてると彼らは医療従事者から
普段下に扱われてる存在だからか、

「自分にとって媚びるメリットがない」

と判断した相手に対してすんごい
見下した態度を取ってくる人が多い。
国内メーカー外資メーカー問わず
そういう人が目立ったので、
業界的にそういう風潮があるのかな。

もちろん個人差もあるからそういう
人ばっかりって訳でもないんだけど。


あと発想が斜め上すぎる。
営業さんが会社から支給されて
個人で使用している備品が
調子悪いからとメンテに来て
どういう状態で修理にどのくらいの
期間が必要ですよ~って
話をしていたら

「修理に関する承認に関しては
 僕の会社にそちらから連絡を
 入れてもらえるんですか?」

しませんけど?
自分で使ってる備品なんだから
自分で会社に報告しろよ。
(普段からそういう連絡は使用者
 自身でしているものです)

こっちの仕事はその調子悪い備品の
修理メンテを行う会社であって
営業さんのお守りまでは致しかねます。

なんでそういう発想になる?


いくら高給取りだろうと
有名な企業に勤めていようと
それはその会社がすごいんであって

お前は何がすごいんだ? っていう。

「僕チン超大手企業の社員なんだぞ!
 すごいんだぞ!」って奴。

こういうのってそこそこいい大学を
卒業してたりして、俗に言う
高学歴なのかもしれないけど

私は最終学歴が地元の専門学校
だから俗にいう低学歴なんだけど、

学歴と勤務先でしか自分を
誇れない人間ほどつまらない人は
いないと思ってる。

うん、低学歴の妬みと思って
もらっても構わないけどさ。

もちろん東大京大卒で医学博士で
病気の研究して成果を挙げてます!
とか、起業して●年以上売上を
伸ばしています! とか、
いい大学出たけど国境なき医師団
ユニセフみたいなボランティア団体に
属していろんな国を飛び回っています!

とか、誰にでも出来ることじゃない
ことを継続して行ってるひとは
すごいし素晴らしいし尊敬するけど
それはもう学歴問わず志と行動力が
立派なので、人としての能力が
高い人だと思う。


でも高学歴だろうと著名な企業に
就職してる人は所詮そこでは
雇われ人なんじゃん?
会社という枠組みの中での競争は
あるだろうけど、基本的には
それだけじゃないですか。

起業してる人が全て能力が高いか
というとそうでもないけど、
雇われのくせに偉そうにすんな?

…って思っちゃうね。

私は低学歴の底辺だから
自分に見合った位置で
必死に生きてますけどね!

生活大変だよ!