キラキラ☆女子にはなれない

よくいるおっさん系迷走アラサー女のブログ

居酒屋で働こう

にほんブログ村
参加しています。
よろしければご協力ください。





私は学生時代の2年間と、社会人に
なってから副業として2年半、
居酒屋でバイトをしておりました。

なんで居酒屋? って聞かれたら、
飲食店の中で比較的時給がいいのと、
学生の時も社会人の時も、
夜だけの勤務というのが生活のタイム
テーブルにマッチしてて予定を
組みやすかったからなんだけど、


一番は居酒屋の業務が楽しかったからです。


「居酒屋はきついし汚いし最悪のバイト」
「いやいやゆるくて楽しいバイト」

なんて今までに勤めたことがあるバイトを
紹介するまとめサイトなんかでは書かれて
いたりしますね。


ぶっちゃけどーなん居酒屋バイトって。

…って、新しくバイトを始めようと目論む
人の参考になればいいな、と思って
「居酒屋バイト是非」について書いてみる。




居酒屋バイトのメリット。



時給がそこそこいい。

あくまでもそこそこ。
学生さんだったら例えば家庭教師や塾講師、
男女問わず水商売とかさらに時給が良いで
あろう業種は他にもあるからね。

コンビニやスーパーやその他小売店や
ファミレス等と比べると、一般的には
時給が高めな業種に入ると思う。
法令により22時以降の勤務には給与の
25%を上乗せしなければならないと決まって
いるので、深夜給で稼げるのも地味に嬉しい。


まかないがある

学生には嬉しいよね。
大概の居酒屋ではまかないを出してくれると
思う。
クォリティに当たり外れはあるかもしれんし
店によっては「まかない代」を取るところも
ある(普通に食べるより安いけど)。


コミュニケーション能力向上

例えば団体のお客さんをさばいていくのに
ひとりでは難しいから、同僚のスタッフと
協力しながら仕事をしなくてはならないし

お客さんとのコミュニケーションを重視してる
お店だと、店員側からお客さんにアプローチを
かけていかねばならんので、お客さんを観察して
話しかけるための「きっかけ」を探さねばならない。

どちらにせよ人とうまく関わっていく必要が
出てくるので、対人能力は向上するし
向上できない人は居酒屋バイト向いてないって
ことになるので、大概辞めていく。

この辺がくせもので、最初から出来るやつは
できるし、
最初慣れなくても少しずつ出来るようになって
いくやつもいるんだけど、

出来るようになるまで頑張れないやつもいる。

こういうタイプが「居酒屋バイトクソ」って
言ってると思う。偏見だけど。

もちろん店にいる他スタッフとの相性もあるから
一概には言えないんだけどね。



居酒屋バイトのデメリット



基本的に激務

団体さんが来たと思ったら次の団体が来て
お客さんを全て席へ通し終わったと思ったら
料理や飲み物を持っていかなきゃならなくて
飲み物出し終わったらお客さんに次の注文をされ
オーダー通しに行ったらまた次のお客さんが…

以下エンドレス

個人でやってるような小さなお店だとまた
違うのでしょうが、大体は忙しいです。

やってる内に効率を覚えてくるけど
週末の忙しさはいくらやってもつらいものがある。



汚物掃除やセクハラ

酒を飲めば皆気が緩んだりするもんだし、
未だに消えない飲みニケーションに
付き合わされて慣れない酒を煽ったり…
というのは酒を提供する場である以上
避けては通れないものであります。

特に年末年始の忘新年会の時期なんざ
お客さんがリバースした汚物掃除だって
しなきゃならないし、スケベ糞ジジイが
女性スタッフの体に触って騒ぎになったりとか
まあよくある話ではありますが。




どんな職業でもそうだけど、メリットデメリットは
必ずセットでありますからね。

デメリットに耐えられるかどうかも正直
個人差だし、デメリットに耐えられなくても
自分にとってのメリットがそれを上回れば
デメリットは気にならなくなるもんだしね。

私は幸いなことに「楽しい」と思って
居酒屋バイトを続けられたわけだけど、
適性のない人にとっては苦痛でしかないだろうし。


「コミュニケーション取るのは好きだし
 それなりに稼ぎたいから居酒屋バイトを
 したいけど、変なお客に絡まれたり
 毎日汚物掃除するのはヤダなあ…」

と迷っているそこのアナタ。


居酒屋勤務経験あり、なおかつ酒好きで色んな
お店へ飲みに行った経験のある私が、
上記のような揉め事の 比 較 的 少 な い
タイプの居酒屋を紹介します。

あくまでも比較的少ない、であって、
全くないわけではないのでご承知おきください。


特徴その1
ダイニングバー等のオシャレな雰囲気で
女性向けを売りにしたタイプのお店

特徴その2
お店としてのキャパが大きすぎず小さすぎず
団体20名位までの予約が出来るお店


特徴その3
値段設定が比較的高い店



各自理由がちゃんとあります。
今まで働いたことがある店がこの条件に
当てはまってて、行ったことある店の
状態で判断すると「こうだろうな」って店。


まず女性をメインターゲットにした店は
当然女性客が多い。
大体女性同士かカップルで来店します。

女性同士だとマウンティング的なものも
あるし、女性ならではの「はしたない」と
いう感覚が根付いている人も多いし、
アルコールが苦手でたくさん酒が飲めないと
いう人も割合的には多いので、
とんでもない酒乱が混じっていなければ
ベロンベロンに酔っ払うような人が
あまりいない。

もちろんカップルで来て酒で乱れるような
人も少ないし(男性側が酒乱のことはあるけど)。

なので酔っ払いの介抱とか汚物処理班の
出動は低頻度です。




次にお店のキャパについて。
例えば30~50人規模で飲み会やるっていったら
大概は職場の人や冠婚葬祭の二次会、大学生の
寮全体での集まりやサークルのOB会、あとは
レアケースだけど街コンなんかのイベントとか。

そういう有象無象が大量に集まる場だと
必ずバカが2~3人は混じっているわけで、
そういうバカが酒を飲むと当然バカな
ことをするわけで。

酒の場でのバカって不思議と感染するもんで、
普段は大人しいのに! 何故! みたいな人が
出てきちゃったりするんですよね…。
そして広がる二次被害

なのでたくさんのお客さんが収容できるような
キャパの大きいお店は荒れます。
こういう団体さんの入れる店では働いたことは
ないけど、そういう店へ客として行ったことが
あり、その際の店内の様子を観察すると
大体そんな感じです。

なので働くならまー20~30人規模までの
店のほうがやりやすいとは思う。



最後は価格帯。
有名どころだとモン●ローザやワ●ミとかは
低価格商品を売りにしてる店ありますよね。
そういう居酒屋へ1回も行ったことない! と
いう人は少数だろうと思うので、行ったことが
あると仮定して思い出してほしいんですが

客層よかったですか?
店の廻りきれいでした?

いやらしい話しになりますが、低価格帯の
店に「しか」行かないような人はお財布の
中身が寂しいから低価格帯の店を選んで
行ってると思うんですよ。

ハタチそこそこの「ウェーイ」でダチと
繋がってるようなお子ちゃまは
収入がないからその手の低価格帯の店を
選んで行きます。
そういうお子ちゃま達は酒の飲み方を
知らないのでバカです。

「ウェーイ」で酒をあおり、
「ウェーイ」で酔いつぶれます。
酔いつぶれたウェーイ達は
救いようがありません。

そして大人だけどその手の店へ行く人は
付き合いで仕方なく、とか営業時間の
兼ね合いで来た人をを外せばほぼ全員

お金がありません。

一時的かもしれないし、
恒例的かもしれない。

なんにせよお金がないと人は
心のゆとりを失います。

お金持ちでクレーマーまずいない。
「ここが嫌なら他へ行けばいいのよ」と
当たり前だけど回避・取捨選択をしてくれる。

お金がない人ほど悪質なクレーマー
多いです。
クレーマーでなくてもマナーの悪い人が
比率でいけば多いです。

マナーが悪い人が酒を飲めばどうなるか、
なんとなく想像つきますよね?


つまりそういうことです。



ということで、どんな職場でもそうですが
「ここがいいかな」と思ったら一回
お客さんとして行ってみるのがいいかも。