キラキラ☆女子にはなれない

よくいるおっさん系迷走アラサー女のブログ

身近な不倫女

にほんブログ村
参加しています。
よろしければご協力ください。





今回は「不倫する女」について。

テーマがテーマなので、現在進行形で不倫中の方、
もしくは過去に不倫経験のある方は読んだら不快に
なる可能性があるので、閲覧をお勧めしません。

私はまず浮気だの不倫だのといった略奪行為をする
人間が嫌いだ。
過去にされたことはないが、そういった筋の通って
いないことが好きじゃなく、この浮気・不倫は特に嫌いだ。

なんでかって絶対に誰かが不幸になる確率が高いから。

「略奪愛で結婚したけど幸せです」って人ももちろん
少数ながらいると思うよ。
それはそれでいいと思いますよ。本人たちは。
奪われた側はどうか知らないけどね。

時間が経ってしまえば奪われた側だって
「あんな奴と一緒にいなくてよかった」と
割り切ることができるとは思いますが。


さて、私はこれまでに3人の不倫女と会った
ことがある。

1人目は職場の50代独身女性。

2人目は10年来の友人。

3人目は何を隠そう私の母親であったりする。

母親に関しては正直身内の恥になるのだけども、
私の父親である1人目の旦那と離婚して以来、
本人が望んでいるなしに関係なく、何だかんだと
特殊な男性経歴を重ねている。

母親のことをこんなふうに呼ぶのはよくないのだけど
この人は強靭なメンタルを持つ意志の強い人間なのに
典型的な「NO」が言えない人間だったりする。

そして細面の整った顔にどことなく「薄幸感」を漂わせて
いる為に、たぶん男性の「守ってあげたい」欲を掻き立てる
女なんだと思う。

当人にそのつもりがなくても、割と執着タイプの男性に
好かれやすいせいでなし崩しに「不倫女」になるタイプ。

2人目の不倫女は私と同じ職場に勤める50代の独身女性。
この人は長い付き合いで内縁状態の60代の「彼氏」がいる。

世間話の最中にポロリと過去の恋愛の話題が出た時に、
「私、昔は不倫してたんだよね」とカミングアウト。

なんでも、当時は仕事が楽しくて楽しくて、そっちに没頭
していたらしい。
そんな仕事を辞めたくなかったので結婚は一切考えずに
仕事していたらいつの間にか婚期を逃していた(本人談)。

そんな中お付き合いしていたのは既婚男性。
結婚する気が当時はなかったので、結婚を迫られないので
交際していて楽だったと。

上記の不倫の話し聞いて思ったわ。
この人は根本的に「人を思いやる」という概念がないのだな、と。

自分の旦那が彼氏が不倫・浮気してたらどう思うの?
気にしないまでもいい気分になる人はいなかろう?
ましてや自分が当事者で加害者なんだよ?
相手の身内に失礼とか申し訳ないって気持ちはないの?

そういう理性が働くなら、不倫や浮気と言う「略奪愛」は
発生しないと思うのですよ。
でも世の中にはこれが溢れかえってるということは、
「良識」のある人間が少ないのだろうな、と思う。


さて、2人目に挙げた10年来の女友達。
この友人は典型的な「女子」なのである。
言っておくけどこの友人とは仲がいい。
アラサーになっても月イチで食事をしたり遊びに出る
ほどには仲良し。親友だと思っているし向こうも
同じだと思う。

なんだけどこいつ割と香ばしい女なんだ。

学生時代からの付き合いで、人見知りするわりには
打ち解けるのが早くて、同性より異性の友達が多いけど
傍目にはカラッとして「いかにも男狙ってます」という
見た目ではないけど貞操の緩い女。

この子は現行のカレシ↑とうまくいかなくなると
不思議と新しい男が現れてそっちに乗り換える。
カレシ↑がいない時期も、なんとなく曖昧な関係の
甘えたり頼ったり遊んだりするような男が途切れずいる。

すごく可愛い・美人というわけではない。端的に言えば、
「そんなに可愛くないけど愛嬌があるから実際よりよく見える」
タイプの外見だと思う。


さて、話しを戻して、彼女は分かりやすい「不倫女」である。
歴代のカレシ↑に既婚者が2人いる。もちろん本人は独身。
職場や友人の絡みで出会い、既婚者とお互いに理解しながら
惹かれあう運命に翻弄される迷える子羊×2。

既婚者とカミングアウトされたのが交際を始める以前なのか
いざ付き合うってなった時なのかは知らんが、友人は毎回
「それでもいい」と答えてしまうそうだ。
恋は盲目なんだろう。

最初の内はなんか知らんが良識を弁えている。
「相手は既婚者、家庭があるんだからそれを邪魔しては
いけない」と思っている。そんなしおらしい態度がたぶん
相手にも魅力的に映るんだろうな。短い期間で会いまくったり
連絡取りまくったりとまあ蜜月期を過ごすのですよ。

で、客観的なものの見方になるけど、相手の嫁が旦那の異変を
察知し始める。最近なんかおかしいぞ? と。
ケータイを常時持ち歩く、とか帰りが遅くなった、とかね。
そら旦那蜜月期に浮かれポンチなんだから分かりやすい言動を
するでしょうね実際に見たことないけど。

で、嫁が探りを入れ始める。家庭の空気が不穏になってくる。
ここで旦那「やべっ」と思い、不倫相手に「ごめん」って
言うんだろうなたぶん。

「嫁が最近おかしい。気づかれてるかもしれないから少し距離を置こう」

「ああいう女だから一緒にいて疲れる。そんな女に愛はない」

「俺が一緒にいたいのはお前だけ。離婚したいと思っている」

「だけど今は家庭を守っていかなければならないからごめんな」


……なんてね。ありがちだね。

友人は最初の不倫男のこの言い分を信じてた。
子どもが生まれて家を買って親と同居し始めたばかりだった
らしいから、家のことが落ち着いてないという感覚はあったそう。

子ども生まれたてで家も買って本人の意志かどうかは知らんが
自分の親呼んで同居してる時点で離婚する気ないって
分かりそうなもんなんだけどな。

そして蜜月期に比べて会ったり連絡を取る頻度が格段に落ちる。
しかし彼女の中では「会えない時間が愛をはぐくむ」。
たまに呼ばれてファミレスでご飯を食べてラブホで休憩して
相手を家の近所まで送って帰宅。そんな感じでも幸せだったそうだ。

最初はね。

「最近簡単にご飯食べてセックスするだけ」
「一緒にいられる時間が少なすぎる。寂しい」
「一緒にいられないのは嫁がいるから」
「憎い。嫁という存在が憎い」


典型的な不倫女の出来上がり。

そこからの彼女はもう病んでました。
深夜に泣いて私のところへ電話をかけてきたり
遊んでいても「つらい」と突然泣き出したり
恋わずらい(笑)でご飯が食べられなくなったり。

1人目も2人目の不倫カレシ↑も同じでした。

2人目の時は性格的に変わった相手であったせいで
「あの人がいなくなったら私生きていけない」
「別れたら怖くて何もできなくなる」
とガチで依存して泣き喚いてた。

そんな不安定なメンタルだからか仕事もうまくいって
おらず、不倫カレシ↑と交際中はもうずっと会うたびに
「仕事つらい、うまくいかない、辞めたい」と
騒いでいたけど、同じ職場に新たな男ができた途端

「目が覚めたわーなんであんな既婚者男に執着してたんだろー」
「え? 仕事? 辞めないよ?」

と来たもんだ。

…まあ、不倫やめられたならいいんだけどね…。


世間一般では「女は切り替えが早い」と言われるけど
その様を目の当たりにして世の男性の気持ちが
なんとなく分かった気がした。


私は絶対に浮気や不倫をしない・したくないと
自分自身に誓っているので、あくまでも第三者
立場からしか不倫女のことを見ていないけども、
今までに出会ってきた上記3人の不倫女だけでも
相当に厄介な人種であることは間違いない。
不倫女だからやっかいなのか、元々が厄介なのかは
なんとも言えないのだけど。

いや、色恋が絡んでいなくても正直皆アレな人種だわ。
だから私は浮気・不倫をする人間が嫌いなのだ。

…これもし当事者に読まれたら抹殺されても文句は言えない笑